エンジェルライブ

エロ雑学

あの噂は本当?エッチにまつわるエロい都市伝説20選!

更新日:

エロい都市伝説

エロい都市伝説の真相とは?

世の中にはエッチにまつわる都市伝説が数多く語り継がれてます。そこで今回は、昔から信じられているエロい都市伝説や噂について紹介しながら、真相を解明していきたいと思います。飲み会や合コンでの下ネタとしてはそれなりに盛り上がる話題なので、ぜひご覧ください。

 

エッチなことを想像すると鼻血が出る

エッチな都市伝説

鼻血が出る理由は、(1)鼻の中の血管の外傷、(2)血管の圧の上昇、(3)血管の拡張の3つが挙げられます。(1)の場合、鼻を触ったり、鼻をほじったり、あるいは強く鼻をかむと鼻の穴のなかの血管が切れて、出血を起こします。(2)は、血圧が異常に上昇した時に、出血することがあります。高血圧患者さんに起こることがあります。(3)は例えば、お風呂でのぼせた時や、体温の高い子供などでは、血管が広がり、大きく膨らんだ風船が割れやすいように、出血することがあります。このなかで可能性がありそうなのは、「血管の圧の上昇」ですが、一般的には、『Hなこと』を考えただけで健康な人がそんなに血圧は上がらないですし、そこまで体温も上がりません。よって『Hなことを考えると鼻血が出る』という都市伝説は誤りなのです。ちなみにピーナッツやチョコレートを摂りすぎると鼻血が出るというのも誤りなのだとか。

 

エッチな人は髪が伸びるのが早い

エッチな都市伝説

髪の毛の成長は、食事に大きく影響されます。髪の“材料”となる、たんぱく質やビタミン、ミネラルが毎日の食生活でしっかり摂れているかが重要です。特にお肉は髪の主成分であるたんぱく質や育毛に必要なビタミン、ミネラルが豊富なため、肉を多く食べる人は髪の成長が早いといえます。そして肉食系の人は性的にギラギラしているイメージがあるので、髪の伸びが早い=エッチといわれるのです。爪の伸びが早い人も同様にいわれることがありますが、これも俗説です。

 

髪の薄い人は絶倫

男性ホルモンには、髪の生育を抑制させる作用があります。髪の毛が薄い男性は生まれ持った男性ホルモンの分泌量が多く、性欲が強い可能性が高いのです。

 

鼻が大きいとペニスも大きい

エッチな都市伝説

男性は二次性徴を迎えると、睾丸で作られるテストステロンの作用によって男性らしい体つきになります。そして、その成長作用が働く部位にペニスと鼻が含まれているため、テストステロンの分泌量が多いとペニスと鼻が大きくなるという特徴が表れます。しかし、それらは後天的な作用が主で個人差が大きく、断定するにはまだ難しいようです。むしろ『人さし指より薬指が長い人はペニスも大きい』という説のほうが、信憑性が高いといえます。

 

指が長いとペニスも長い

エロい都市伝説

身長、体重、肥満度などとペニスの長さの相関関係を調べたところわずかながら「身長が高ければペニスも長い」という相関関係が見られ、また、体重が重く肥満であればあるほどペニスの長さは短いという結果もわずかに出たそうです。そして、先ほどの鼻の大きさでも記載しましたが、指の大きさは先天的なもので、テストロテンは胎児の段階で作用し規格も決まっているらしく相関性は髙いと言われています。

 

ペニスの形で性格がわかる

科学的な証拠はないようです。ちなみに巨根の男性は好奇心旺盛、太いペニスの男性は自由奔放、長いペニスの男性は独占欲が強い、短小のペニスの男性はもの静かな性格と言われています。また、ペニスは右曲がりのほうが出世するという有名な話しがあります。

 

女性の二の腕とおっぱいの柔らかさは同じ

女性の二の腕の下の部分は体の部位としてはとても柔らかい部分です。そして、その二の腕もおっぱいも脂肪なので同じように思えますが、大きく構造が異なるため、残念ながら両者は似て非なるものと言えそうです。但し、極端に肥満した女性は二の腕と胸の感触が似てくる可能性はあるとのことです。

 

おっぱいを揉むと大きくなる

エロい都市伝説

胸を揉むだけでは大きくなることはありません。そのため、胸そのものを大きくするというよりも、元の胸の形を美しくし、バストアップさせる目的で胸を揉むほうが効果的です。しかし、好きな人に胸を揉んでもらうことで女性ホルモンの分泌が活発になり、胸が大きくなるということはあるようです。胸は乳腺組織と呼ばれる部分を発達させることで大きくなるのですが、そのためには女性ホルモンが必要になります。「胸のリンパの流れを良くして女性ホルモンを分泌させ、乳腺組織を発達させる」これが胸を揉むと大きくなる仕組みと言われています。

 

セックスをすると陰部が黒くなる

陰部などが黒くなってしまう原因は、第二次性徴の時期に大量に分泌されるホルモンが関係しており、セックスが原因というわけではありません。また、黒くなりやすいのは遺伝的にメラニン色素の多い人で、色素沈着しやすいのが原因です。さらに小さい頃は黒くなかったのに、思春期以降に女性ホルモンが増えてくると、黒くなっていくことがあります。

 

セックスをすると綺麗になる

エロい都市伝説

誰かに出会ったとき、扁桃体が「好き」だと判断すると、ドーパミンが流れて脳の視床下部から快感が生まれます。この快感と共に、性欲中枢が刺激されると、「セックスしたい」という衝動が生まれます。そして、そのドーパミンは、ドキドキや顔の紅潮などの外的変化だけでなく、細胞の代謝にも関わっています。ドーパミンが身体に放出されると、細胞の代謝が活性化して、肌のターンオーバーが正常化されます。

 

セックス中の膣痙攣で抜けなくなる

セックスのトラブルというと、膣痙攣を思い浮かべる人が多いでしょう。セックスの最中に女性の膣が痙攣して、男性のペニスが抜けなくなり、抱き合ったまま病院に運ばれる―よく語られるエピソードです。しかし、実際にはペニスが抜けなくなる抜去不能はごくまれで、主に問題となるのは挿入ができなくなる方です。膣周りの筋肉の力はそれほど大きいものではなく、痙攣することでペニスが抜けなくなるという事象は医学的にも考えづらい、ともいわれています。

 

セックスで男女の産み分けができる

エロい都市伝説

男性が先にイクと女の子が 、女性が先にイクと男の子が産まれると言われてますが、まんざら嘘ではないようです。性別は性染色体によって決まり、XXが女性で、XYが男性となります。医学的に男の子が欲しい場合は、酸性に弱いY精子を受精させる必要があります。そのためには、膣の酸性度をなるべく低くします。女性が性的刺激を受けて、オルガスムス(オーガズム)を感じると、アルカリ性の子宮頚管粘液が分泌されて、膣の酸性が中和されます。そのため、女性がオルガスムスを感じやすいセックスをすると、Y精子にとって有利な環境を作り出せます。また、女の子が欲しい場合は、逆に女性がオルガスムスを感じると、アルカリ性の粘液が分泌され、膣内が中性に傾いてしまい、Y精子にとって動きやすい状態になってしまうため、女性があまりオルガスムスを感じないような、刺激の少ない短時間のセックスにとどめるのが良いのです。

 

処女膜は再生する

処女膜というぐらいだから、性行為の経験がない女性のアソコは、膜で塞がっており、初めてのセックスでその膜が破れる、と誤解している人も多いでしょう。しかし実際の処女膜とは、膣の入り口付近にある粘膜のひだのことです。そのひだが一度広がってしまうと残念ながら元に戻ることはありません。しかし、最近では「処女膜再生手術」というものが、美容外科で受けられるようになりました。これは、溶ける糸を使ってセックスで広がった“ひだ”の形状を元に戻すという手術です。受診する女性もけっこう多いのだとか。

 

コーラで膣内を洗うと避妊できる

膣内には、細菌感染を防ぐ働きをする善玉菌がいるのですが、コーラで膣を洗うとそれが失われてしまうので、体にとってはマイナス面のほうが大きいです。非常に危険なのでやめましょう。

 

メンソールタバコを吸うとインポになる

メントールには冷感作用だけでなく、血管拡張作用があるとされています。ED(勃起不全)につながるという俗説がある血管収縮作用とは反対の作用ですし、メントールがEDにつながるという確かな証拠もありません。しかし、煙草そのものについては血管収縮作用があるのでご注意を。

 

精子がなくなると赤玉が出る

エロい都市伝説

まったくのデタラメですが、赤玉の噂が出回ったのにはいくつか理由があるようです。昔から性行為をしすぎると病気になって、出血するという意味や、性病で大変なことになるという意味、また、昔のパチンコ屋さんでは最後に赤い玉が出るようになっていたらしく、赤玉が出たら打ち止めというようになっていたようです。

 

精子は空気に触れると死ぬ

通常の環境下において、精子は空気に触れたからといって、すぐに死滅するわけでは有りません。これは、精子は精液とよばれる「保護液」の中にいるからです。精液の中では、精子は「水の中を泳ぐ魚」のように元気に過ごしています。しかし、精子単体での場合(精液から取り出した場合)は、「水から取り出した魚」の状態になりますので、すぐに乾燥し死滅しています。

 

オナニーすると頭が悪くなる

エッチな都市伝説

オナニーをやり過ぎて頭が悪くなるということは科学的には実証されていません。しかし、記憶力向上などのパフォーマンスが下がるという説があります。これは、体力を消耗するので集中力や記憶力が低下したり、ホルモンバランスを崩すことに起因しているようです。

 

尿検査でオナニーがバレる

尿検査の前日にオナニーをすると、精子にはタンパク質が含まれているためで、そのタンパク質が尿検査では異物混入として扱われてしまうようです。

 

初のラブドールは南極1号だった

まことしやかに伝聞されるダッチワイフ(ラブドール)開発秘話のひとつで、事実である証拠はありません。南極1号は、南極観測基地の第一次越冬隊のために文部省の依頼により開発がなされたと言われています。南極1号の開発は3個の試作を以て休止、南極2号以降の開発は民間企業ベースで継続されたとしています。 

 

エロい都市伝説まとめ

如何だったでしょうか。本当だと思っていたものが嘘であったり、また、嘘だと思っていたものが本当であったり、これが都市伝説の面白さなのかも知れません。あなたの身の回りの都市伝説もぜひ調べてみてください。

アフェリエイト MADEX

-エロ雑学
-,

Copyright© ゼブラ|出会い系とセックスの攻略サイト , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.