エロ雑学 セックス

スペンス乳腺とは?おっぱいのGスポットで胸イキを開発する方法!

更新日:

女性の性感帯はいろいろとありますが、おっぱいで感じるのが好きな女性は多いと思います。特に乳首は「第二のクリトリス」と呼ばれるほど敏感な性感帯です。しかし乳首だけが感じる場所ではなく、乳房にも感じるスポット(スペンス乳腺)はあるのです。スペンス乳腺とは、「胸のGスポット」とも呼ばれており、そこを刺激して開発してあげると胸全体だけでなく、全身までもが性感帯にすることができるといわれています。そこで今回は、スペンス乳線の場所や開発方法を徹底解説していきます。「胸イキ」もできる新たな性感帯をみつけましょう。

スペンス乳腺とは?

胸の付け根にある性感帯

スペンス乳腺とは脇の下から胸の外側のラインあたりにある部分のことで、別名「おっぱいのGスポット」ともいわれています。胸の付け根辺りを手で押すように刺激していくと少しくすぐったいような気持ちいい部分に当たると思う場所こそがスペンス乳腺なのです。初めは「くすぐったいだけ」と感じる女性もいると思いますが、触っているうちにだんだんと気持ち良くなってきます。

医学界では性感帯と認めてない!?

AV業界を中心にスペンス乳腺に注目が集まってはいるものの、医学界では性感帯として正式に認められているわけではありません。とはいえ、スペンス乳腺を攻められているうちに次第に開発され、ぞわぞわとした快感の虜になることでしょう。そして、開発されると「胸イキ(乳イキ)」と言われるおっぱいでのオーガズムを感じられることもあります。

スペンス乳腺の気持ちい良さとは?

乳房は脂肪の塊なので、そこだけでは感じにくく、さらに脂肪がクッションの役割を果たすので刺激も緩やかに感じます。そのため、乳首やクリトリスのような強い刺激ではなく、優しく柔らかな感覚の気持ちよさが特徴です。

 

スペンス乳腺が快感な理由

神経が集中している

スペンス乳腺がある脇と胸の境目・横乳部分周辺には、リンパ管や神経がいくつも通っています。このリンパ管や神経が集中している箇所は刺激に対してとても敏感に反応します。たとえば、クリトリスや乳首が感じやすいのも神経が集中しているからです。よって、リンパ管や神経が通っているスペンス乳腺も少し撫でたり、押したりするだけで「気持ちいい」「くすぐったい」といった感覚を引き起こしやすいのです。

連想性感帯のひとつ

性感帯といえばクリトリスや乳首、Gスポットなどを思い浮かべますよね。しかし、女性の中にはセックスの時に性感帯ではない部分でも感じたことがあるという人もいるのではないでしょうか。たとえば、唇や耳、首筋、背中などです。こういった性感帯ではないけれども、セックスの時限定で感じるようになる部分を連想性感帯と呼びます。スペンス乳腺もこの連想性感帯のひとつに数えられます。セックスの時に繰り返し刺激されると徐々に快感を覚えるようになるのです。

脳が性感帯だと認識する

最初は何も感じなかった部分も繰り返し刺激を与えると、徐々に性的快感を覚えるようになるケースがあります。これはスペンス乳腺も同様のことがいえます。継続的に刺激を与え続けると脳がここを刺激されると気持ちいい」と認識するようになるのです。こういった感覚の芽生えもスペンス乳腺が快感を覚える理由のひとつとして挙げられます。

スペンス乳腺の感じ方とは?

くすぐったい

スペンス乳腺を初めて触った女性に多い反応は「くすぐったい」というものです。筆者にはわかりませんが、マッサージをされてくすぐったいと感じる人もいます。くすぐったいという女性は刺激されることに慣れていないと考えられるので、何度か刺激して慣れさせていきましょう。ただし、人によっては「くすぐったいまま」で終わってしまうこともあるようです。

仰け反るほど気持ちいい

女性によってはスペンス乳腺を刺激されると「仰け反るほどの気持ち良さがある」と感じる人もいるようです。また、同時に乳首を刺激しながら責めていくとさらに気持ちいいと感じるようです。ただ触るだけでは感じにくいので、少し強めに押すように刺激してみてください。舌で押すように舐めたり少し吸ってみるのも効果的です。

精神的興奮が高まる

少しくすぐったい気もするけれど、どちらかというと興奮もしてきます。また、「早く乳首をなめてほしい」「早くアソコを触ってほしい」という焦らされている気分にもなります。焦らしテクの1つとしてスペンス乳腺を刺激するのはアリかもしれません。また、挿入中にスペンス乳腺を刺激されるとゾクゾクするような感覚に陥ります。挿入中に触るときは騎乗位など、男性の手が開いている状態でやるとやりやすいでしょう。
 

スペンス乳腺の開発方法

女性専用風俗

フェザータッチを意識する

まずはスペンス乳腺の場所を確認しましょう。スペンス乳腺は脇と胸の境目・横乳部分にあります。おおよその位置を特定したら指の腹を使って優しく刺激を与えます。5本の指の腹を使ってゆっくりと撫でるように刺激します。この時にリンパに沿うようにフェザータッチで刺激してあげると効果的です。下から上に向かってリンパの通りを意識しながら撫でてみましょう。

スペンス乳腺を刺激する

スペンス乳腺を優しく押して性感帯にする方法もあります。スペンス乳腺は神経が集まっているので、圧迫するだけでも十分に効果があります。圧迫するときの注意点は、あまり強く押さないこと。もし彼氏にスペンス乳腺を刺激してもらう時は、力加減を教えてあげましょう。

さらにセックスで開発するなら、挿入中にスペンス乳腺を刺激するのも効果的です。挿入時は女性の感度が一気に高まるので、ちょっとした刺激でも感じやすくなるためです。体位によって触りやすさも変わってくるので、胸を刺激しやすい騎乗位や正常位などがおすすめです。ひとりで刺激する時は、指で軽く押すような感じで圧迫してみましょう。これを繰り返すことで徐々に感度が高まってきます。

マッサージで感度を高める

スペンス乳腺の感度を高めるには、マッサージもとても有効です。おすすめは、おっぱいの下から優しく持ち上げてマッサージする方法です。スペンス乳腺を刺激できるだけでなく、おっぱいの血行が良くなるので、バストアップ効果が期待できます。同時に胸のこわばりも解消できて、ふわふわでハリのある柔らかい触り心地に変わります。特に、血流が良くなりリラックスしているお風呂上がりのケアが最適です。

乳首は触らないようにする

スペンス乳腺を開発する際に気を付けたいこととして、乳首に触らないようにすることが挙げられます。乳首はスペンス乳腺以上に強力な性感帯です。刺激が強すぎるため、スペンス乳腺への刺激が薄れてしまいます。一度強い刺激を与えてしまうと、弱い刺激に耐性がついてしまいます。スペンス乳腺に到達する前に、乳首を攻めるのは避けましょう。

 

胸イキをするには?

時間を掛けて開発

スペンス乳腺の開発には時間がかかります。なぜなら、クリトリスや乳首のように神経が集中している箇所ではないからです。なかなか効果があらわれないからといって、激しく刺激してはいけません。スペンス乳腺の開発は、時間をかけて行うことが大切です。一回一回をじっくり丁寧に行っていきましょう。指先や舌を使い、様々な刺激を与えましょう。特に舌は、縦横無尽に動き回り、多様な刺激を与えてくれるので、性感帯の開発にピッタリです。

さらに乳首も刺激する

乳首には二つの感覚神経があり、ここを活性化することで乳首の感度が開発されるといわれています。

パチニ小体 表皮の奥(下層)にある「圧力(圧覚)」や「振動」を感知する感覚神経。
マイスネル小体 皮膚の表面(表皮と神秘の境界部付近)にある触覚の感覚神経。手のひらや足底にある神経。

これらを触れたり、圧したり、揺らしたりして活性化することで、乳首をより敏感でイキやすい状態にすることができます。胸イキはスペンス乳腺の開発だけでも可能ですが、乳首開発によってさらに頻度が上がったり、深い快感につながるようになります。スペンス乳腺だけでなく乳首も開発しましょう。

乳首への愛撫にはさまざまなバリエーションがあります。ソフトタッチで物足りなさを感じたら、「つまむ、転がす、引っ張る、押す」などの動きを組み合わせてみましょう。また、あまり知られていませんが、実は、乳首は先端よりも根元のほうが敏感です。複数の刺激を組み合わせるときは、乳首の根元が引っ張られる感覚に意識を向けてみるといいでしょう。

挿入した状態で胸イキさせる

快感は二つ以上のところで与えることで、より相乗効果で増していくものです。前戯としてバストの愛撫で胸イキするのもいいですが、挿入した状態で、あまり動かずにじっくりバストを愛撫してもらって胸イキするのもおススメです。

 

スペンス乳腺まとめ

スペンス乳腺はあまり知られていない性感帯ですが、1度開発するといつもとは違った快感のセックスを味わえるようになります。また、スペンス乳腺と同時に膣や乳首への刺激を与えるとさらなる絶頂を味わえることになります。いつものセックスに飽きてしまった方、セックスで新しいことに挑戦したい方、スペンス乳腺を開発してさらなるセックスの喜びを追求しましょう。

アフェリエイト MADEX

-エロ雑学, セックス
-

Copyright© ゼブラ|出会い系とセックスの攻略サイト , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.