エロ雑学 セックス

中折れで萎えて勃たない!途中でダメになる原因と解決方法とは?

更新日:

中折れの原因と対策方法

前戯のときは気持ちも盛り上がり硬く勃起していたのに、いざ本番というタイミングや挿入後しばらくするとペニスが萎えてしまう経験はありませんか?

このように何度か中折れしてしまうと、勃起しないのではないかという意識が常に働き、セックス自体が苦手になってしまいます。

今回は中折れする原因から改善する対策や解消法を徹底的に解説します。立ちが悪いと感じている方はぜひご覧ください。

中折れとは

中折れとは、それまで勃起していたペニスが挿入中に元気をなくしてしまうことを指します。フェラチオをされて復活しても、再び挿入しようとゴムを付けている最中にまた萎えてしまうような状態も中折れです。

中折れは医学的にはED(勃起障害)と呼ばれます。ED患者の中でも完全に勃起しない人というのは珍しく、多くの場合は「勃起しても硬くなりきらない」「中折れしてしまう」などの症状で悩んでおり、中折れはEDのメジャーな症状なんです。

 

中折れの原因とは?

中折れの原因

心理的ストレス

仕事や人間関係など、落ち込むようなことや悲しいことがあった時、ほかに集中しなくてはならないことがある時など心理的ストレスがあると勃起しないことがあります。繊細な男性だと、声や物音が漏れるといった些細な理由でも勃起不能状態になる可能性があります。それくらい勃起問題はメンタルが影響していることが多いのです。

他にも心理的ストレスのなかには、過度な緊張、性行為の経験不足、女性からの一言に傷ついたトラウマ、過去に中折れしたトラウマ、身体的コンプレックスなど様々な原因があります。

性的な経験不足や過度の緊張による中折れは、10~20代の若い男性に多く見られます。また、女性からの心ない一言などは年齢を問わず引きずってしまうこともあり、さらに一度中折れを経験した男性は、そのトラウマや「また萎えたらどうしよう」といった不安から勃ちづらくなってしまうことが多いようです。

コンディション

勃起力は体調面のコンディションにも影響されやすいです。仕事が忙しく疲労がたまっている、風邪気味で体がだるいなどの状態だと上手く勃起しないことがあります。

また、飲酒して酔っぱらっている時や二日酔いの状態でも勃起力が弱くなってしまいます。コンディションによる中折れは、30~40代の働き盛りの男性によく見られます。任される仕事量が増えて毎日残業続きだったり、取引先との接待でお酒を飲みすぎてしまったり。このような人は体調不良による中折れの恐れがあります。

加齢

歳をとれば生殖能力が落ちるのは当然のことですが、特に血管障害と筋肉の衰えが中折れの大きな原因となっています。

まずは血管障害ですが、40歳を過ぎると血管が細くなり血流も弱まっていきます。すると勃起を維持するのに充分な量の血液がペニスに送られず、中折れしてしまいます。

筋肉の衰えとはペニスの根元あたりにある骨盤底筋の衰えを指します。ペニスの海綿体に溜まった血液を留め、勃起状態を維持する働きがある筋肉です。これが衰えることによって中折れが起きてしまいます。

また加齢による身体機能の低下は、日頃の生活習慣が加速させてしまい、なかでも飲酒と喫煙は、血管の天敵です。加齢による身体機能の低下と相まって中折れリスクが高くなります。

オナニーのしずぎ

ペニスを強すぎる力で握っていたり、床などの硬いものに押しつけたり、ハイスペックなオナホールなどの道具を使ったりしていると、ペニスへの刺激が過剰になってしまいがちです。こうした方法を続けていると、強い刺激がなければ射精できない身体になってしまいます。

相手の女性

彼女のビジュアルが最初の状態と変わってしまうと勃たなくなってしまいます。当初の好みだった姿とは変わってしまったために、セックスに対する気持ちが湧いてこないという場合もあります。

また、セックスの反応が悪い、全て男性任せにしてしまう、いわゆるマグロと呼ばれる女性とのセックスでも男性が勃たなくなったり、萎えてしまう原因になります。反応の薄いマグロ状態もよくありませんが、逆にセックス中の喘ぎ声が大きすぎることも萎えてしまう原因になります。あまりに大きい喘ぎ声は「大丈夫なのかな?」とか「わざとらしいな」とか「うるさいな」など、いろいろな理由で冷めてしまいます。

前戯であるフェラでも、男性が気持ちいいと思うツボがわかっていない女性してもらうと逆にもどかしくなってしまったり、最悪な場合は歯があたって痛いこともあります。ペニスは敏感な部分なのであまり痛みを加えられると気持ちは萎えます。

他にもセックスでは苦手な体位や嫌いな体位が人それぞれにあるものです。もしセックス中に中折れを感じてきたら積極的に体位を変えるように促すようにすると良いでしょう。もし話せるのなら次のセックスのために苦手な体位は控えるように話し合うと中折れ回避につながります。

 

中折れの解決方法

中折れ解決方法

前戯からやり直す

盛り上がった気分を取り戻すため、もう一度初めからやり直すというメソッドも有効です。また、相手の女性にお願いして自分がもっとも興奮する(フェチ)環境に切り替えると簡単に治ることもあります。このように仕切り直しをする場合は、ある程度の時間をとってから実践してみてください。

生活習慣の見直し

ほとんどの体調不良の原因は生活習慣の乱れです。つまり、それを改善できれば中折れの解消や予防につながります。しっかりと身体のケアをしていきましょう。

①睡眠 睡眠は、生物にとってなくてはならない時間です。細胞の構築や修復を行う成長ホルモンの分泌を促したり免疫力を高めるなど、ただの休息時間ではなく、身体のメンテナンスに大きな影響を及ぼします。

②食事 アルギニンは血管拡張効果のある一酸化窒素を生み出します。血管が膨張すれば血流がよくなり、ペニスにもたくさんの血液が送られますから、勃起力の改善や向上に大切な栄養素というわけです。アルギニンは、肉類や大豆類に多く含まれています。ダイエットにも役立つ大豆食品やナッツ類などからも得るといいでしょう。

③トレーニング 勃起には骨盤底筋群という筋肉が深く関わっていますから、スクワットや肛門締めトレーニングなどの筋トレによって中折れを解決させます。

サプリや精力剤の導入

勃起力は程度の差こそあれ年齢と共に衰えていくもの。多くの男性が直面する悩みでもあるのです。そんな男性のために精力や勃起力に効果があるといわれているサプリや精力剤が多く販売されています。

マカを使用しているものや、すっぽんエキスが配合されているものなどさまざまな種類あるので導入を検討してみてはいかがでしょうか。効果が保証されるものではありませんが試してみる価値はあるでしょう。

セックスの回数を重ねる

緊張が原因で勃起や萎えがある状態の時は、慣れるまで回数を重ねれば改善することもあります。リラックスしてセックスに望めるようになるまで、焦らず気長に回数を重ねていきましょう。

オナニーの回数を減らす

オナニーを毎日続ける生活を送っていると、本番で勃起しないリスクが高まります。減らすことは性欲を高める事にも繋がるので、もっとも有効な手段といえるでしょう。

医師に相談

もちろんサプリメントでの改善には限界があります。中折れの原因を特定したいなら、まずはED専門クリニックか泌尿科がおすすめです。そこから具体的な治療に進んでいくのが方法としては最も近道でしょう。

メンタルカウンセリングとは?

心因性EDと呼ばれる精神的ストレスやトラウマからの中折れは、自力で改善するのは非常に難しく、専門の医師による治療が最善です。心療内科に抵抗があるという方には、院内に男性しかいないED専門クリニックの受診がオススメです。一人で抱え込まずに専門家の力に頼ると、中折れの解決も早まります。

 

中折れの原因と解決方法まとめ

中折れの原因は様々な理由がるので、まずは原因を徹底的に突き止めましょう。ほとんどの方は、オナニーの回数を減らしながら、本番では自分の興奮する環境を整えることで改善します。どうしても解決しない場合は医師に相談することをおすすめします。より良いセックスライフを楽しみましょう。

アフェリエイト MADEX

-エロ雑学, セックス
-

Copyright© ゼブラ|出会い系とセックスの攻略サイト , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.