エンジェルライブ

エロ雑学

本当にあったエロい怪談・第2弾!エッチな怖い話を大特集!

更新日:

ゾッとする恐怖体験を厳選したエロい怪談第2弾です!決して他人事ではなく、いつあなたの身に起きたとしても不思議ではありません。本当にあったエッチな怪談をぜひご覧ください。

巨乳の色白美女

女性のセックスとエッチアンケート

す っ げ え可愛い女の子とS N S で出会った の で す が 、 そ の出会い は変則的で した。出会い は S N S で す 。マ ッチングア プ リも併用して い た ん で す け ど、 そ の出会い は twitterの エ ロ垢で した。ふ つうにエ ロ垢巡り を して い て、 い つも女の子を探して い ま した。ま ぁ、出会い は無理にしてもヌ キ目当て で 。


顔出し は して な い け ど体が い い女の子が い て、 そ の子にリ プ を送ってた け ど、返信は当たり障り な か ったり、返信が な か ったり してま した。あ る晩、深夜2時過ぎ てたと思い ま す け ど、 そ の エ ロ垢女子か ら急にD M が来て、内容は 「今か ら会える人を探してま す 」 で した。そ ん な誘い を してくる の は業者か 、風俗の店に来て的な連絡だろう な ぁと思った ん で無視して お き ま した。

そ したら続け て、「 お金と か じ ゃ あ り ま せ ん 。 ふ つうに ム ラ ム ラ す る ん で エ ッチ で きる?」と来ま した。余計怪し い か ら無視し よ うと思った ん で す け ど、 そ こ で 「 イ ヤ 、マ ジ か も・ ・ ・ 」と か期待した い気持ち が あ って、「業者で し ょ?」と返信し ま した。業者じ ゃ な い よ って い う返事を期待して。

そ の子はtwitterで は顔出し な しだった ん で 、体も修正か も知れ な い し 、 ヘ ン な ヤ ン キー と か ヤ●中み た い の が来たらどう し よ うと思った け ど、 で も や っ ぱ り エ ロ い気分に な ってきた ん で会う約束を し ま した。

出掛け る の もラブ ホ の お金もダ ル い し 、相手が タク シ ー で家に来るって い う か ら や ば い ヤツだったらどう し よ うと思い な が らも呼び ま した。

で 、来た の が超絶ドスト ラ イ ク な タ イ プ で した・ ・ ・


ちょっと古い け ど、小倉優子の昔の感じ と、youtube r の ゆ りにゃにくっ そ似てる子で 、一瞬マ ジ で ゆ りにゃ か と思うくら い似てま した。エ ロ垢に載せ てた体も ゆ りにゃっ ぽ か ったし 、完全一致か と思ったら声と か も全然違うし 、別人で した け ど、 め ちゃくちゃ似てま した。色白、 や せ てる、巨乳み た い な感じ 。あ の手の顔と体は大好物な の で ラッ キ ー!!!!!!!!!!と思い ま した。

髪の毛サ ラ サ ラ で い い匂い が して、 し か も誘うよ う な ミ ニスカ 、胸元と肩が開い てる服を着てて、視た瞬間ビ ン ビ ン で した。厚底み た い な靴を履い てきてて、脱ぎ方と か 、脱い だ靴を揃え な い感じ と か が育ち が悪い感じ と い う か 、だら し な い感じ が して、「完全に肉便器OK キ ャラ じ ゃ ん ・ ・ ・ 」と余計に勃起し ま した。

名前は 「 み ぃ」俺は こ の み ぃを どう い う風に や る流れ にもって い く か考えてたら、 み ぃ か ら抱き着い てきて、リ ビ ング で俺を押し倒す感じ で上に乗ってき ま した。で 、 そ の ま ま69の体勢に な って俺の半勃ち状態の ち ん こを指で刺激し な が ら舐め た んで す 。ちょろっと舐め ら れ ただ け で め っちゃ敏感に感じた ん で す け ど、さっ き風呂に入ったと は いえ即尺は ビ ビ り ま した。

ふ つう は た ぶ ん そ こま で唐突だと思うよ うに勃た な い と思う ん だ け ど、 み ぃ の白い パ ンティ越し の割れ目が ふ っくら してて、 そ の ふ っくら した割れ目を顔に乗せ ら れ た瞬間、完全に勃ちま した。で 、 み ぃ は ちゅ ぱ ちゅ ぱ ツ バ で音を立ててし ゃ ぶ ってま した。で 、俺も み ぃ の パ ンティ の横か ら指を入れ て ぬ る ぬ る の割れ目を触ってた ん だ け ど、 な んか変な匂い が して、「う わ ・ ・ ・ク サ マ ン か ・ ・ ・ 」と思い ま した。

み ぃ は パ イ パ ン で 、白い肌に綺麗な ピ ン ク の割れ目を してたし 、マ ン カスも な い し 、ク サ マン の気配は な か った ん だ け ど、 な ん か硫黄っ ぽ い匂い と い う か 、温泉の匂い み た い な の がふ わ ん と してき ま した。

そ の あ と、 み ぃ が キ スを求め てきた け ど、自分の ち ん こを舐め た口で見知ら ぬ女と キ ス する の は や だった ん で唇を そ ら したら顔舐め してき ま した。顔と体は め っちゃ好み過ぎ る け ど、 な ん か怖い と い う か 、や っ ぱ メ ン ヘ ラっ ぽ い の は間違いな い と思う ん で 、一応、 キ ス は や め て お き ま した。

で 、ノリノリ の み ぃ の服を脱が して巨乳の お っ ぱ い を生で揉み ま した。お っ ぱ い も色白で薄い ピ ン ク の乳輪と小さ い乳首が最高す ぎ ま した・ ・ ・。お っ ぱ い を唾液ま み れ に な るま で舐め て、 み ぃ が 「 お願い ・ ・ ・もう入れ て」と泣き顔に な っても無視して お っ ぱ い を舐め ま した。膝に乗せ た み ぃ の お っ ぱ い に顔を う ず め たり乳首を吸ったり、舐め たり し な が ら、 み ぃ の ケツを揉み ま した。

そ の ま ま 、潮の上に み ぃを寝か せ た ん で 、 み ぃ の髪は自分の潮で び し ゃ び し ゃにwで 、俺の ち ん こを み ぃに挿入した ん で す 。「 ん ぁッ、きもち い い よ ぉ」と甘い声を出す み ぃ が俺の上半身に抱き着い てきた の で 、無理や り上半身を起こ して、み ぃ か ら体を離し ま した。どう せ な ら視覚で楽し み た い ん で 、俺が ガ ン ガ ンに突くと ゆ さ ゆ さ揺れ る お っ ぱ い と感じ まくる み ぃ の顔を見な が ら攻め ま した。

奥の ほ うま で ず ん ず ん突い て い ると、 な ん か 、当たる感じ が して す っご い気持ちよ くて、初め て の感覚で した。子宮口が近い?と い う か 、奥が す ぐに当たると い う か 、俺の ち ん こ は別にそ ん な に長く ない は ず な ん で す け ど、 で も す っご い奥ま で突け てる感じ が して征服感が あ り ま した。

「 イ クぅ ッ、 い っちゃうよ ぉ」

み ぃ が泣き な が ら何度もイ ってぐったり しても、俺は オ ナ ニ ー で鍛えた遅漏で攻め て突きま くり ま した。で 、 み ぃ は俺が イ キ そ うに な ると中で出して い い って い う ん で す け ど、完璧怖い じ ゃ な い です か 。 お腹の上で出し ま した。そ う す ると、俺の精子が な ん か黄色と い う か 、茶色?と い う か 、 そ う い う感じ の色な ん です 。怖くて・ ・ ・だって い つも普通に濁った白で す か ら

「 は っ?性病?」 と思い ま した。

で 、 み ぃ の膣の な か か ら な ん か出てる ん で す 。そ れ が臭くて・ ・ ・

賢者タ イ ム突入す る の にマ ジ で最悪で す 。結局、 そ れ は 「 ゆ で卵」だったら し くて・ ・ ・。み ぃ は自分で オ ナ ニ ー す る の に、 ゆ で卵を亀頭にして竿は き ゅうり で 、 そ れ を コ ン ド ー ム に詰め て や ってたら し い ん で す け ど、 ゆ で卵が奥ま で行き過ぎ て で な く な ったら し い ん で す 。で 、自分で膣の な か を洗っても出てこ な い か ら、 い ろ ん な男と や って出してると の こと で した。

そ ん な ことに使わ れ てマ ジ で最悪で す 。し か も腐った卵が尿道に入って炎症を起こ して結局俺が病院に行く ハ メに な り ま した。や っ ぱ タ ダ マ ン は危な い と勉強し ま した。

 

多目的トイレの落書き

ちょっと前に体験した不思議な話。

某地方都市で営業や ってる俺は よ く仕事を サ ボ って会社か ら一駅ぐら い離れ た場所に あ る公園で昼寝したり携帯ゲ ー ム で遊ん だり してた。(ち な み に営業ノ ル マ は毎月ちゃ ん と達成してる か ら大目に見てく れw)そ の日も い つも の よ うに公園で ダ ラ ダ ラ してた ん だ け どな ん だ か急に腹が痛く な って公園内に あ る個室ト イ レ(多目的ト イ レ って や つ な)に駆け込ん だ ん だ わ 。

で 、こ の ト イ レ 、 す っ げ ー汚い わ け 。壁と か もう一面落書きだら け 。「○○死ね 」と か 「△△愛してる」と かそ ん な の ば っ か書い て ん の 。ま さに便所の ラク ガ キ って感じ 。無事ウ ン コを ひ ね り出して ホ ッと す る俺。そ れ か ら し ば らく落書き を眺め て い ると、ちょっと不思議な落書き を発見。

「2014年 6月 6日 22時 ここ で 」(日時は仮と思ってく れw)

こ の落書き 、何が不思議か って言うと字が め っちゃ綺麗な の よ 。他の落書き は馬鹿が書き殴った み た い な き った ね え字な ん だ け ど、こ の落書きだ け は習字の先生が書い た み た い に綺麗で異質な雰囲気を出してた。し か もここに書か れ た日付、明日じ ゃ な い か 。普通の人な らま ぁ不思議だ な ぁ~と思って終わ る ん だろう け ど、こう い う怪し い話と か都市伝説っ ぽ い話が大好きだった俺は 、指定さ れ た日時にまたここを訪れ ることにした ん だ わ 。

そ して当日の夜、時刻は 22時の 5分前。公園に は誰も い な い 。時計が 22時を回ったこと を確認した俺は い ざ例の個室ト イ レ へ 。ト イ レ の ドアに手を か け る俺。鍵は か か って い な い よ うだ。待って い る の は怪現象か 、 は たまた ヤ ク ザ の裏取引か 。ド キ ド キ し な が ら ドア を開け る俺。結論か ら言うと、中に は女性が入って い た。

歳は 20代後半か ら30代中盤ぐら い だろう か 。黒髪ロ ング で レ デ ィ ー スス ー ツを着た綺麗目の女だった。女は俺の姿を見ると す ぐに中へ引き入れ 、 ト イ レに鍵を か け た。

そ して な ん と、何も言わ ず に俺の懐か らチン ポ を取り出した。そ れ か ら軽く手コ キ して、 す ぐ美味し そ うにチン ポ を咥えだした。ち な み にここま で お互い一言も発して い な い 。女の フェラ は す ごく手馴れ てて、チン ポ の裏ス ジ ま で し っ か り舐め てく ん の 。俺が い ま ま で ヤ った女の中で一番上手か ったと思う。たま ら な く な った俺は す ぐ女の口内に射精した。女は出さ れ たそ れ をゴクリと飲ん で 、 そ れ か ら残り の精液も ジ ュ ル ジ ュ ル と吸い出した。

最後にチン ポ全体を舌で舐め とって綺麗に す ると、女は 「 あ り が と ね 」と ひ とこと言い残して す ぐ ト イ レ か ら出て行ってし ま った。俺が最初ト イ レに入って か ら10分も経って な か ったと思う、 あ っと い う間の出来事だった。し ば らく の間ト イ レ で呆然と立ち尽く す俺。

ち な み にそ れ か ら数日後、例の個室ト イ レに再び訪れ て み ると、あ の落書き は黒い マ ジ ック で ぐちゃぐちゃに塗りつ ぶ さ れ て い た。

 

精子大好き女

去年の今頃の話、某コミュ で メ ー ル したら す ん な り返信が あ った。名前は美香と い う子。募集内容が 「精子大好き!」って応募で俺も変態チック な奴だか ら、食糞と か は無理だ け どSMと か平気だったし 、 そ こら へ ん の変態女が来ても へ こたれ な い精神を持って い る!と自負してたw

ま ぁ今回も「精子大好き!」って言ってもフェラ で口内射精したり、身体に か け て!と言ったりどう せ そ れ くら い で し ょ?と思って い た。ど ん な プ レ イ が好き?とメ ー ル す るととに か く精子の色、匂い 、味、全て が好き で ち ん ぽ から搾り取りた い だ け搾ら せ て欲し い と の事。そ の場合は口に出そ う が 、中に出そ う が出してく れ れ ば私は幸せ!と い う感じ の メ ー ル だった。

当日会って み ると、美香は正直あ ん ま り可愛く な か った。ドブスと い う訳で も な い し 、 ピ ザ で も な い 、胸もそ れ な りに大き い ・ ・ ・ け れ ど な ん か違う。俺の ゾ ー ンに入ってこ な い だ け な ん だと思う け れ ど地味で素っ気無い と い う か 、幸薄そ うと い う か 。

い ろ い ろ話を聞い て い ると素人ぶ っ か け パ ー ティ ー にも出たこと が あ る。私の今は い て い る下着に塗りこ ん で欲し い 。口内や膣中で も良い の で出して欲し い 、 そ の後身体に塗る の で 、 そ の ま ま見て い て欲しい 。塗ってる姿を視姦して欲し い 。溜め込む?の が好きだ か ら い っ ぱ い だして!ちょ い引き気味な俺を よ そに乗り気な美香。

そ うこう して い るうちに「 じ ゃラブ ホ へ!」と い う運び に な り歩く。繁華街の どう で も い い ラブ ホ へ I N 。風呂にも入ら ず ジ ッ パ ー を下げ始め る美香。「 シ ャワ ー浴び な い?」「うう ん 、私こ の匂い好き な の!舐め て い い?」ぎ ん ぎ ん に お ったつち ん ぽ を美味し そ うに頬張る美香。フェラ は首を左右に ゆ っくりと揺ら し 、時折舐め上げ る。上目使い も忘れ ず に び ちゃ び ちゃと音を立てる。

「こ ん な に な ってる…い っ ぱ い出るよ ね 」で もこ の子変だ な?と思った の は俺を見て い な い 。ち ん ぽ だ け し か見て い な い 。「 お っ ぱ い で挟ん で あ げ る ね 」ベ ッ ドにちょこ ん と乗っ か ると今度は自分か ら脱ぎ だして上半身を さら け出し 、俺の をつか む と胸へ と挟ん だ。だ け ど、こ の時も俺の気持ち い い顔を見る訳で も な くち ん ぽ に話し か け る様な スタ イ ル だった。

「 い い よ!出して!ぴ ゅ ぴ ゅってだして!」胸の圧力と舌が交互に快感を呼び寄せ て あ っと い う間に い き そ う な る。「出す よ美香!美香の エ ロ い胸に出す よ!」そ う言うと思い っ き り射精した。「 あ ぁ…精子…出てる の ぉ」胸を両手で さらに ギ ュっと して圧力を高め顎の下あ たりにたっ ぷ りとどろどろ の精子を楽しん で る。そ して、一息つこうと離れ ると美香は顎の精液を掬い取り口元へ持って い くと指一本一本舐め始め た。

「○○君の お い し い よ!」

そ う い う美香の顔は取り付か れ た み た い に な ってて目が異様に輝き放ち見開い て い る。俺は ちょっと や ば く ね?と思い一発出した か ら帰ろうと決意した。エ ロ い顔な らまだ か わ い い な こ い つ!い じ め て や る!と か思う ん だ け ど、目が…か な り い っちゃってる。

ア ヘ顔と い う か 、舐め てると き は俺の存在な ん か忘れ てるもし く は居な い も の と して放置さ れ てる。そ そ くさと着替え始め ると「え~○○君、まだまだだよ ぉ~」と再び俺の ち ん ぽ を握ってくる。微妙に恐怖を感じてた俺は縮こま ってし ま って い た。ぬ る ぬ る の ち ん ぽ を手コ キ して い るとくちゅくちゅと音が鳴り、先か ら残り汁が ちょ ぼ ちょ ぼと出てくる。そ れ を見逃さ な い美香が居た。「 あ~ん 、もった い な い~い 」と い うとスト ロ ー み た い に吸い始め る。

一応答え な い と…と思い胸をも み始め る。「 あ ん 、乳首、乳首好き な の!こ ね くって ほ し い の!」軽く摘ん で や るとフェラも一段と強引に な ってくる。真空吸引の様に吸って は舌で尿道を こ じ開け よ うと舌で ちょろちょろと刺激してくる。

「乳首きもちぃ の ぉ!美香濡れ ちゃうよ ぉ」

言葉だ け な ら可愛い淫乱女な ん だ け ど俺の顔は い っこうに見よ うともし な い 。他の身体の部位も見よ うともし な い 、ち ん ぽ だ け見てる。そ して目は相変わ ら ず や ば い 。強烈な フェラに強制的に出そ う な る。「う あ あ ぁ、美香出るよ!」「う ん 、こ れ に か け て!」そ う言うと自分が して い たブ ラ ジ ャ ー を手に取り。ブ ラ の パ ッ ド の部分を亀頭に あ て、 す っ ぽ りと包み込む 。そ の中へ ド ク ド クと射精した。

そ の ブ ラを開くと パ ッ ド の中で糸引く よ うに ね ちょりとこ び りつ い てる。美香は そ れ を ブ ラ の内側へ と指で優し く引き伸ば し塗りこ ん で い く。「こ れ な ら、 い つま で も お っ ぱ い に精子か け ら れ てるって思う で し ょ 」と ニ コっと笑う が相変わ ら ず精子に話し か け てる様だ。

一段落して一息つ い た あ と、雑談。し か た が な い の で下も触ろうと したと き俺にとって最大の恐怖が訪れ る。

「下は だ め ぇ~」

確か に、精液飲ま せ る、塗りたくると い う約束で本番ま で は約束して い な い 。で も触るくら い 、 あ わ よ く ば スマ タ位は と期待して い た が ピ タッっと脚を閉じてし ま い触る隙さえ な い 。乳首を執拗にこ ね くり回す と段々と力が抜け て脚の間ににも手が入る隙間が出来る。し か し 、スカ ー トを ペ□リと ま くった瞬間俺の脳は危険信号を発した。

ち ん ぽ が つ い て い た。そ こに は茶褐色に染ま った下着の股間。生理な の か?と思った が 、匂い が きつ す ぎ る!悪臭な ん て言葉は生易し い異常な匂いが漂ってきた。何故い ま ま で判ら な か った ん だ?不思議だった が濡れ てきた美香の液が下着に染み てい る匂い…

否!!こ れ は精子の匂い だ!

「 あ っ ダ メだよ ぉ~」と覆い隠す 。
「 そ れ って精子?」と指差し な が ら真顔で聞く俺。

「う、う ん 」

 

セックス依存症の女

掲示板で 『こ れ か ら会える人』と の投稿を見て、メ ー ル始め て か ら一時間後に は もう新宿で待ち合わ せ 。先に言っとくと、相手はSEX依存症って や つ で す 。新宿の ド ン キ で待ち合わ せ 。昼の1時くら い で した。夏だった の で 、『ま い 』 は真っ青な ワ ン ピ ー スを着て い た。会った印象は 、(真面目そ う な女の子、 す ぐに は や れ な い か も)て な感じ 。マ ック食べ た い と言う の で とり あ え ず マ ック へ 。ま あ見た目は普通の子の印象で した が 。

マ ック で の会話。
ま い 「 ね え、会った時、私の ことどう思った?」
俺「えっ?」
ま い 「合格点?」
俺「可愛い と思うよ 」

実際に結構可愛か った。

ま い 「 そ っ か ぁ、よ か った」ま い は安心したよ うに切り出した。
ま い 「 ぶ っちゃ け私、エ ッチした い ん だよ ね 。私で い い?」
ま い が言うに は 、実は午前中も40代の セ フ レ と三回戦してきたら し い 。

「私ね 、最近エ ッチして な い と お か し く な っちゃう の 。我慢で き な くて。信号待ちと か で い い男見ると濡れ ちゃう の 。手と か触れ ただ け で イ キ そ うに な る」

噂に は聞い て い ま した が 、本当にこ ん な人も い る ん だ な あ と思い ま した。ホ テ ル に入った途端、ま い は 「もう我慢で き な い!舐め さ せ て!」と俺の ズ ボ ンを下ろし始め た。男性陣な ら わ か ると思い ま す が 、こ の シ チュエ ー シ ョ ン って正直引くと い う か 、萎えま す よね 。(う わ あ ・ ・ ・)って感じ で 。

ま あ下半身は反応す る ん で す が 、ま い は息を荒げ な が ら一心不乱に舐め て い る。し ば らく す ると い き な り立ち上が り、「触って!」と自ら服を脱ぎ だした。ま い は服を脱い で隣に横に な ってきた の で適当に触る。で 、「 そろそろ入れ よ う☆」と言って、俺の に勝手にゴ ム を付け始め る。正常位で挿入す る が 、 わ ざとら し い喘ぎ声が とても耳障りだった。

「 あ あ ぁ~~!!!もっと!!!もっと突い てえ!!!!」
「中で出してえ!!!!」(※ゴ ム付け てま す)

な ん と い う か ・ ・ ・ 『我を忘れ て肉欲に溺れ る私って悪い女よ ね 』 み た い な 。こ の子は そ う い う風に考えてる ん だろう な あ と思った。俺は程な く果てた が 、「次は バ ック で!早く大き く な って!」と、ま い は また舐め始め た。げ ん な り で す わ 。

ここ で俺は彼女の新た な性癖に直面さ せ ら れ る。正直う ん ざり し な が ら バ ック か ら挿入して腰を振って い ると・ ・ ・。「叩い て!思い っ切り!!私の お尻叩い て!!」ス パ ン キ ングって や つ で す ね 。仕方な い の で バ チン バ チンケツ叩い てると、「もっと!!もっと強く!」と せ が む 。二回戦が終わ っても・ ・ ・。

ま い 「もっと強く叩い て欲し い!」
俺「 い や あ~結構思い切り叩い てるよ?入れ な が らだと叩きにく い し 、手が痛い し ・ ・ ・ 」
ま い 「 じ ゃ あ こ れ で!」
ま い は自分が着て い た服の革の ベ ル トを俺に差し出した。俺の回復ま で の間もま い は 、「我慢で き な い!」と言って俺の隣で オ ナ ニ ー しだした。き っと『エ ロ い私を見て!!』 み た い な感じだった ん で し ょう。

わ ざとら し い表情で俺に弄ってる場所を見せ つ け てきたり、俺の耳元で喘ぎ声を聞か せてきたり。もう ね 、ここま で来ると気持ち悪い だ け で した わ 。す っ か り気持ち は萎えたま ま 、また バ ック か ら挿入さ せ ら れ る。頭は ほ ぼ賢者状態な の で 、腰を振り な が ら革の ベ ル ト振り回して い る自分の姿を鏡で見て余計萎えま した。ベ ル ト で バ チン バ チン叩い て、ま い の背中と お尻は真っ赤に な って い ま した が 、満足そ うだった の で 、そ れ で良か った の で し ょう。

そ の後もたまに会ったり した。や っ ぱ り す ぐに セ ックス。全然エ ロ そ うに見え な い の に か な り積極的。コスプ レ して、 ハ メ撮り したりもした。積極的過ぎ るって、 や っ ぱ りちょっと引く。で も可愛い 。で も で も、 や っ ぱ り飽きる ん だよ ね 、こう い う の 。す ぐに、ま い と は会わ な く な った。

 

エロいセックス怪談まとめ

恋愛やセックスは人の強い感情が行き交うものだけに、ときには怖いことが起きたりするものです。不自然な現象や感覚を感じたら十分注意しましょう。

アフェリエイト MADEX

-エロ雑学
-,

Copyright© ゼブラ|出会い系とセックスの攻略サイト , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.